就職難.com

就職難.com

就職難.com

 

わたしが人事の仕事に携わり、長い年月が過ぎました。

 

今始まったことではないが、いま、時代は就職難、就職難と、
それこそまだ若い夢見る子供たちまで親に刻まれる時代になっています。

 

しかし、それが全ての産業にそうかといわれると、
まるでそうではありません。

 

そう・・・今の日本には、そんな時代が故に、
そこに大きなスキマな産業が存在しているのです。

 

過去に、それこそ坂本龍馬が波乱の時代の中で、
なんども革命的なイノベーションを起こしたように、
いまだからこそやれることが、革命を起こすべき産業の隙間があるのです。

 

 

 

今回、こちらでは、その現状の目の前に立ちはだかる、
就職難という、現実に真摯に向き合いながらも、
ただ就職という目的だけではない、自己実現なる夢をかなえるべく、
新しき考え方の提案をさせていただきたいと思います。

 

また、それと同時にとなります。

 

本気でその現実に真摯に立ち向かうことも大事な中です。

 

しかし、その就職難と考えられてしまっている産業というもの自体を、
客観視し、そこにスキマとなるニッチな産業を見つけ出すこともご提案します。

 

 

就職難・・・この言葉は、あくまでマイナス思考の常識感が作った、造語である。

 

そう捉えていまを過ごし、これからの現実をみることで、
必ずや道は開けます。

 

 

そう、こんな時代だからこそ、小さな発見が、小さな成功となり、
その小さな成功が、大きな成功の原子となるのです。

 

 

 

◇◆ 就職難だと嘆いても何も解決しない・・ ”就職難.com” ◆◇